いつの日からか、何かを選ぶ理由が「お洒落かどうか」とか「褒められるかどうか」とかそんな曖昧な基準と共にあったような気がする。

私にとって、買ったものを写真に撮ってSNSへアップするのは、小さい頃から当たり前のことだ。だけど最近はどんどん周りと比較するようになって、いいねやフォロワーが多いほうがいいとか焦ったりして、小手先のテクニックを教えてくれる記事ばかり読み漁った日もあった。

でも、やっぱり違うんだ。私が選びたいもの、身に付けたいものは、いいねをたくさん集めてくれるような、見栄えや話題性だけのアイテムじゃないんだ。
一目見たときから自分の心に、感覚に、染みついてきて離れないような物がいい。
 

わかりにくいがこの写真では好きなものばかり身につけている。時計、ニット、手袋、スカート、ジャケット。全部がお気に入り。

たとえたくさんの誰かから評価されなくたって、自分の中にある確固たる信念さえが認めていれば、それでいい。
そういったアイテムは、結局私自身が、愛を込めてその魅力が伝わるような発信をしたくなってしまうだろう。

そんな感覚を私に思い出させてくれた今日の出来事。
ちょっとだけいいデニムを買おうかな、と思って、ジーンズではいつもお世話になっているMOUSSYのホームページを開いた。

DENIMのラインアップを眺めると、私のほしかったデニムはすぐに見つかった。購入手続きを済ませ、さらにMOUSSYのホームページを探検していると、一つの動画に巡り会う。

このたった1分半の映画に、私は芯から惹きこまれた。
映像、女優さん、その髪型やスタイリング。音楽に、言葉。

好きだ、と思った。

毎日一緒にいたいと思った人なんて初めて。
一緒にいても、気兼ねなく、心地よい。
どんな私でも優しく包み込んでくれて
いつも古いものばかり好きなところも私と似ている

これからもあなたと一緒に生きていきたかった

私の人生に欠かせない人

MOUSSY VINTAGE STRETCH JEANS MOVIEより

この動画は、好きな人ができた気持ちとMOUSSEYの新作ジーンズに出会えたという気持ちを掛け合わせた宣伝動画である。

それにしても私には、それ以上の感情や考えを思い起こさせてくれた。

毎日一緒にいたいし、一緒にいても気兼ねなく、心地よいもの。

そんなアイテムを選んでいけるなら、人生は幸福に満ちたものになると確信している。

何かを選ぶのには、「好きだから」というシンプルな理由ひとつでいい。
好きを基準に、周りを素敵なものだけで満たしていこう。

Author

Write A Comment

Pin It