聴くだけでかっこいい曲。
自分で書いてなんだそれ、となりかけたところだが、今夜紹介する曲は、聴いていて自分がかっこよくなっていく気がするものだからおかしなものだ。

Arctic Monkeys“Do I Wanna Know?”
まずは聴いてみてほしい。

イントロに痺れる。
何がこうだから痺れる、とかそういうわけではなくて、音が無理矢理にも自分の血管を痺れさせてしまう感じ。

ついで、アレックス・ターナーの声。私はこの声が物凄くセクシーだと思う。発音も、基本は語尾までしっかりと発音するのに、ときたまふわっとぼかすところ、堪らない。

繊細な刺繍が美しいタイトワンピースに、ライダースジャケットを羽織って。髪型はウェットな質感を出した細いウェーブのショートヘアで、唇には赤ではなく、あえてヌードなピンクをぐりぐりと塗りつけて。10cmのヒールを優雅に履きこなし、Diorのプワゾンを身につけている女性を連想する、この曲を聴いていると。

というか冒頭で言ったように自分がこんな女性であるような気分になるのだ。こんなにかっこよかったことは、今までもこれからも決してないけど。

That the nights were mainly made for saying things that you can’t say tomorrow day
夜っていう時間は、君が明日には言えなくなってしまうだろう事を言っておくために、
そう、ただそのために作られたようなものだ

この歌詞がリズムよく流れていく部分で一緒に口ずさむと、切ない気持ちになる。私だって、明日には素直に言えなくなってしまいそうなことがあったら、夜のうちに言ってしまおうと。夜はそのために作られたんだと。

Arctic Monkeysのアルバム“AM”は全部の曲がおすすめ。

ぜひ聴いてみてください。


GOOD NIGHT, MUSICをもっと読む

Author

Write A Comment

Pin It