今日はファッションのお話。

ファッションが好きなのにオシャレじゃないことへのコンプレックス

私は生まれついてから今まで服が大好きで、小学生の頃にはすでに友人を服屋に連れ回したり、ティーン以上向けのファッション誌を読んだりしていました。しかし今でもファッションセンスに全く自信がありません。

「オシャレだね〜」って言われた記憶がそんなにないのが、その証拠だと思います。「いつもちゃんとした服着てるね〜」とかは、言われるんだけど。
欲深いですけれどもやっぱり服が好きである以上、いつかは「いつもオシャレですね」と、陰で言われる人になりたいです。

ファッション業界に少し関わってやっと得た知見

去年からは小柄向け最強ブランドCara by Katrin TOKYOで幸運にもインスタライバーとして採用していただき、ファッションについて、改めて学び直そうという機会を得ました。ディレクター(@sawa_daigo)もスタッフさんも皆ファッションの知識だったりセンスの蓄積が一般ピープルとはケタ違いで、撮影やライブに参加するたびにこっそり学びを得て帰っています。ありがたし。

今までは「かわいい!」「これは!」と思った瞬間に衝動的に服を買っていたのですが、一つ一つは可愛くても組み合わせが全然できないワードローブが着々と完成していき、、、
ファッションピープルを目指すには、私のとても苦手な”好みを絞る”だとか、”統一感を持たせる”という作業が必要なのだなと実感しました。

統一感なんてブルシット!と思っていましたが、よほどの富豪でもない限り、ファッションに関してはグッとこらえて統一感を意識していた方があらゆる点で便利でしょう。

今年じっくり磨いていきたいセンスは…

それで今日は何を書きたかったかというと、

「小物使いがうまいファッションピープルになりたい」

という願望です。

小物というのは色々ありますね。アクセサリーのような細かいところから、靴、カバン、スカーフ等の巻き物だったりと、面積が大きい部分を担う洋服より、それを引き立てる役目に回る物たちです。

衣服は本質的に人間に必要なものです。どんなにオシャレ欲のない人間でも、クローゼットなしの四畳半で暮らすミニマリストでも、服を着なければ社会的にアウトです。
しかし、小物は突き詰めると、なくても生きていけます。

だから、なのかもしれません。

「小物の達人」というのは、明らかにずば抜けてオシャレなオーラを放つと思うのです。必要ないと思われがちだからこそ、誰しもが上達できることではないからです。

今年は小物を研究しまくるぞ

今まで靴やカバンの小物選びは本当にテキトーで、「高級ブランド物に興味がない」とクールぶって、選ぶことを放棄してきました。かわいい服だけガチャガチャと買って満足。その結果なぜか家にはトートバッグしかない。品のいい服を着てもトートバッグじゃ、そりゃちぐはぐだ。

もちろん経済力の少ない私が、オシャレになりたいからといってハイブランドを無理して買う必要はまったくありません。けれど、今後は意識をしていきたい。安価なものだとしても、小物選びにこだわること。

とはいえ小物は安いものを大量に買うより、質の高いものをじっくり探す方が長い目で見たときにはお得なんだと思っています。
本当にいいつくりの小物は、失くさない限りは、一生物と呼べるジャンルが多いのではないかと感じます。だからコツコツ、じっくり、長い目で見ても統一感が出るように目を肥やして、いいものを買い揃えていきたいです。

昨今脚光を浴びる、サステナブルという概念もあります。これも結局、大量に消費しているだけの姿勢を見直し、質の高い品物を長く使う姿勢に皆が切り替えれば、世界的に見てもかなり捗るのではないかと。

散らかってきたのでまとめると、自分の好きなオシャレを追求し、特に今年はゼロに等しい小物使いのスキルを高めることに凝りたいです。

ファッションの知識は人生をより楽しむための、一生物の知恵だと思います。

このブログでも、ちょくちょくファッションの投稿もしていきます。

Author

Write A Comment

Pin It