紙の本はいつか私の生きているうちになくなるかもしれない。
それまでにたくさんの本を読んでおきたいし、大切な本をしっかり選びとって手元にずっと置いておけるようにしたい。

そんなことを思った2020年の年初めでした。

今年は、原田マハさんの『本日は、お日柄もよく(徳間文庫)』で読み始め。
原田さんの小説はもう数冊目ですが、本書もマハワールド全開。
読み手を最後までぐいぐい引っ張る吸引力で、ものの数時間で読み切ってしまいました。

やっぱり本が好きだなあ。

いてもたってもいられず、本屋へ行き今年の二冊目を購入。
かねてから気になっていた佐藤正午さんの『月の満ち欠け(岩波文庫的)』を購入。
有隣堂でピンクのブックカバーをかけてもらって、読み進めるのがわくわくです。

Author

Write A Comment

Pin It